« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月31日 (日)

おなかを伸ばすストレッチ

Photo
仰向けに床に横になり、
腰の下に巻いたタオルなどを入れ腰を反らせます。
息を止めずに、ゆっくり時間をかけて、
おなかを伸ばしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月30日 (土)

背筋のストレッチ

Photo

まず仰向けに床に横になり、ひざをかかえます。
ひざを抱えた上体で、
おへそをのぞきこむようにゆっくり伸ばします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月29日 (金)

腰のストレッチ ②

ずっと立っていたり、座っていたり、
同じ姿勢を長時間続けることの多い人へ
2009_05_29_1
足を肩幅程度に広げ、
腰に手をあてて腰を反らせます。
2009_05_29_2
同じ姿勢で今度は左右に腰を回します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月28日 (木)

腰のストレッチ ①

今日は、簡単な腰のひねりのストレッチ。
2009_05_28
仰向けに床に横になり、上体の向きを変えずに、
腰から下だけをひねります。
左右、交互に行なってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月27日 (水)

腰痛ストレッチ (背筋)

今日は、背筋のストレッチ。
Photo_2
まずはじめに仰向けになって、
両手でひざを抱える姿勢をとります。
Photo_4
次にひざを胸につけ、5秒間止めます。
5秒間たったらはじめの姿勢に戻ります。

ストレッチをする際は息を止めずに、
ゆっくり動かすようにします。
勢いをつけないよう注意しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月26日 (火)

腰痛ストレッチ (骨盤)

今日は、骨盤に対するストレッチ。

Photo
まずはじめに仰向けになって軽くひざを曲げ、
腕を体の横に置く姿勢をとってください。
次に、背中と床の隙間を埋めるイメージで
背中を床に押し付けてください。

Photo_2
おしりをギュッとつぼめながら浮かせて、
5秒間止めます。
5秒間たったらはじめの姿勢に戻ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月25日 (月)

腰痛ストレッチ (腹筋)

今日からは、しばらく腰痛について。

腰がつらいから、サロンへほぐしてもらいに
行く人は多いと思いますが、
筋肉をグイグイ押してもらうだけでなく、
たまには簡単なストレッチをしてみましょう !

Photo_3
まず仰向けになり軽くひざを曲げ、
手を太ももの上に置きます。

Photo_4 
肩が床から10cm位離れるところまで
ゆっくり上体を起こし、
この姿勢をそのまま5秒間保ちます。

5秒間たったらはじめの姿勢に戻ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月24日 (日)

スカルプ (頭皮のマッサージ)

2009_05_24リラクゼーション系のお店で、よく頭のマッサージのメニューを見かけます。

私自身も習い、実践していますが、写真のように施術するラインもいろいろあるみたいです。

でも、実際に自分自身が受けてみると、やさしい人の手で、頭をマッサージされると、ラインなんて関係なく、この上なく気持ちよくなって眠ってしまいそうになります。

こんなこと、言っちゃダメか...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月23日 (土)

いろいろな香り

2009_05_23変なお話しで申し訳ないですが、
今日、トイレに入っている時に思いました。

’香りの違いで、いろんな気分になるんだなぁー’

どんなにいいにおいでも、芳香剤の香りが強すぎると、
逆に不快になってしまいますよね。

それに、すごく元気な時にいい香りだと思ったものも、
ちょっと落ち込んでいつ時は、逆に不快だったり...

自分がいい香りだと思っても、
他人にはそうでなかったり...

なんやかんやいいながらも、
作った香りではなくて、自然の香りが、
自分は一番好きかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月22日 (金)

長時間、同じ姿勢を続けない

正しい姿勢で座ることと同じくらいに重要になるのが
「長時間同じ姿勢を続けない」です。

同じ姿勢を長時間続けると、
特定の筋肉ばかりにストレスがかかり、
肩こりの天敵でもある「血行不良」がはじまります。

これを防ぐためには、
ときどき「カラダを動かす」ことが大切です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月21日 (木)

行儀の悪い座り方

家でくつろいでいるとき、
どのような姿勢をとっていますか? 

だれも見ていないからといって
こんな座り方をしていませんか?

・ あぐら座り
・ とんび座り
・ 横座り
・ 椅子やソファーからお尻をすべらし、足を投げ出す
・ 片方の足だけ足組する

どの座り方もいっけん楽なように思えてしまうため、
ついつい行ってしまいがちです。

しかし、これらの座り方は「不良姿勢」と
いわれるものであり、
肩・首・背中の筋肉にストレスがかかるばかりでなく、
背骨を歪ませる原因にもなります。

もちろん、これら「不良姿勢」は、
肩こりの原因にもなるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月20日 (水)

パソコン時の姿勢

S2009_05_20
最近は、お仕事でパソコンを使う人が多いと思います。

中には、一日中という方もおられるでしょう。

時間が長い人ほど、姿勢には気を配りましょう !

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月19日 (火)

デスクワーク時の姿勢

S2009_05_19
デスクワーク時の姿勢も大事になってきます。

カラダにあった椅子と照明に調節したら、
座る姿勢を正しい姿勢に整えます。

椅子や照明を適切な物にしても、
姿勢が悪ければ、まったく意味がありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月18日 (月)

正しい姿勢

S2009_05_18_2
正しい姿勢を意識するあまり、
カラダを反らしすぎてしまう人を多くみかけます。
これは、自然な姿勢といえるものではなく、
正しい姿勢とはいえません。

正しい背骨のS字カーブが
描かれているかのチェックポイントは、
鏡でカラダを横から見て、

「耳の穴」→「肩の中央」→「くるぶし」を、

結んだ線が、一直線になっているかが目安です。

あと、見えない糸で頭のてっぺんから、
カラダが釣られているイメージを
思い浮かべても良いでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月17日 (日)

アロマテラピーの楽しみ方

アロマテラピーの楽しみ方としては、
いろいろあります。

① 芳香浴
アロマポットやアロマランプを使用して
楽しむ方法です。
アロマテラピーの中で、もっともポピュラーな方法
ですのでご存知の方も多いのではないでしょうか?

② アロマバス
湯船に精油(エッセンシャルオイル)を、
5~6滴ほど落とし、よくかき混ぜてから入ります。

③ マッサージ
精油(エッセンシャルオイル)を、
ホホバオイル・スイートアーモンドオイル・グレープシードオイル
などのキャリアオイル(ベースオイル)で
希釈してマッサージをします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月16日 (土)

アロマテラピーの種類

アロマテラピーでは、
通常、精油(エッセンシャルオイル)と
言われる植物の花・果皮・葉・樹皮・種子・根などから
抽出した天然の素材を使用します。

精油(エッセンシャルオイル)を選ぶときのコツですが、
目的別に香りを使い分け自分が心地よいと感じる香りを
選ぶと良いでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月15日 (金)

体にいい布団

S2009_05_15_2

肩こりに限らず、良い布団やベッドを選ぶ基準は、
硬すぎずやわらかすぎず、
適度な硬さの布団やベッドを選ぶことです。

① やわらかすぎは、ダメ。

やわらかすぎる布団やベッドは、
背中やお尻の部分だけが必要以上に沈み込むため、
腰の反りが強くなり、
首から腰にかけての各部位に悪影響を及ぼします。
また、寝返りが自然にうてないため良くありません。

② かたすぎても、ダメ。

硬すぎる布団やベッドの場合、
腰が浮き上がってしまう状態になり、
こちらも腰が不自然に反ってしまいます。

③ 適度な硬さが、マル。

「適度な硬さ」と言われても、
なかなかピンとこないでしょうが、
具体的な数字の目安として、
仰向けに寝たとき、
腰周辺が3センチ程度沈み込むものを
選ぶと良いようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月14日 (木)

アロマテラピーと肩こり

アロマテラピーとは ?

「心とカラダのバランスを整え身体感覚を呼び覚ます健康法」

「アロマaroma=芳香」、「テラピーtherapy=治療」

アロマテラピーとは、
植物の芳香(香り)のもつ力をかり、
心とカラダのバランスを整え、
身体感覚を呼び覚ます健康法です。

単純に、好きな香りをかげば気分が良くなり、
嫌いな香りをかぐと気分が悪くなることを
思い浮かべてみると、
香りが人間に与える影響は
決して小さくないと想像できますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月13日 (水)

肩こりとまくら

2009_05_13

枕を選ぶときのポイントは、
頸椎(首の骨)が、
自然なカーブを描けるかが重要になり、
「高さ」がポイントになります。

具体的には、頸椎(首の骨)を
やや前かがみの姿勢に保つよう、
成人の場合、
「高さは、5~7センチ」 頭部の重みを
適切に支える「やや硬め」のもをを
選ばれると良いでしょう。

また、眠る姿勢がいつも横向きの方は、
やや高め(15センチ)くらいの枕が
あっているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月12日 (火)

布団と枕

布団や枕は、使い慣れているものを
ずっと使っている人が多いのではないでしょうか?

しかし、いくら使い慣れている布団や枕でも、
首や肩こりを悪化させる可能性が潜んでいます。

・ 朝起きたとき、なんとなくカラダ全体がだるい
・ 寝ても疲れがとれない
・ しょっちゅう寝違えをおこす

など、このような点に心あたりのある方は、
布団や枕に問題があるのかもしれません。

肩こりの予防・解消法の重要なポイントの
「疲労は溜めない」にのっとり、
「布団の硬さ」 「枕の高さ」を参考に、
睡眠環境について見直してみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

首や肩に負担をかけない寝具選び

S2009_05_11

肩こりの予防・解消法の中で、
「疲労を溜めない」という
重要なポイントがあります。

この「疲労を溜めない」と、言う点で
重要な役割を担うのが「睡眠」。

明日からは、肩こりに良い寝具(布団・枕)の
選び方について説明したします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月10日 (日)

めがね

眼鏡は度数がきちんと合っているのはもちろんのこと、

・ 「掛け具合」
・ 「高さ」
・ 「レンズの角度」
・ 「目とレンズ間の距離」

などの調節が出来てから、
初めて「自分に合った眼鏡」と
いうことができます。

眼鏡は購入した時点で
調整が合っていても、
使用するにしたがって
少しずつ変形してきたり、
衝撃などによって
合わなくなってゆきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 9日 (土)

めがねと肩こり

2009_05_09

眼鏡やコンタクトレンズは、
作ってしまうと壊れるまで何年も同じものを
使用してしまう人が多いのではないでしょうか?

でも、度数があわなかったり、
調整不良の眼鏡やコンタクトレンズを使用していると、
目周辺の筋肉の負担が増え、
眼精疲労を起こすばかりでなく、
さらには首・肩周辺の血行障害を
引き起こし、肩こりや頭痛を生じさせます。

それに、これら調整不良の眼鏡やコンタクトレンズは
「不良姿勢」をも生み出し、肩こりの原因にもなるのです。

特に、最近はパソコンなどを見る機会も多くなり、
携帯電話の字も小さくなって、
知らず知らずのうちに目の負担が大きくなっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 8日 (金)

ストレスと肩こりの付き合い方

最近では、腰痛同様、
肩こりを引き起こす原因のひとつに
「心因性のストレス」 が
原因となっているものが
増えてきているようです。

肩こりの原因をどんなに調べてみても
原因が特定できない場合、
筋肉の疲労による肩こりには
「心因性のストレス」 が
関係していることも多いようです。

会社や近所との人間関係、
プレッシャーのかかる仕事
などでストレスを抱え、
さらには、肩こりのわずらわしさからくる
イライラの悪循環をたちきるためにも、
自分なりのストレス解消法を見つけ、
「ストレスと上手に付き合う」
すべを見つけだしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 7日 (木)

肩こりは温めるか?、冷やすか?

肩こりや腰痛のとき、
温めるか?冷やすか? 温湿布? 冷湿布?
という感じで、悩むと思います。

一概にはコレ!と、いえませんが、
基本的な考え方として、

急性期=冷やす
慢性的なこり=温める

です。

打撲や急性の五十肩のように、
突然激痛に襲われたときには、
炎症をおさえる為にも、
温めてはいけません。

このような突然激痛に襲われた場合は、
冷やした方がいいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

お風呂やシャワーで肩こり対策

誰にでもできて、自宅でカンタンに、
肩こり解消法を実践できるのが、「入浴」です。

温めることで、血行が良くなり、
こりを効果的にほぐしてくれます。

毎日なにげなく入っているお風呂ですが、
もうちょっと肩こり解消効果を高めるお風呂や
シャワーを利用するポイントをご紹介します。

① シャワーで打たせ湯

やや熱めのお湯を首や肩に直接かけます。
時間は5分程度。
いわゆる「打たせ湯」のようなマッサージ効果で
こりを和らげます。

② ぬるめのお湯に長めにつかる

熱すぎるお湯は、逆効果。
抹消血管が収縮し、湯冷めもしやすくなります。
ぬるめのお湯にゆっくりつかりましよう。
好きな香りの入浴剤を使用することで、
リラックス効果と保温効果も高まります。

③ 毎日入浴する

疲れを溜めないことが大事です。
毎日お風呂に入って、ストレスと
疲れをその日のうちに取りはらいましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 5日 (火)

日用品で肩こり対策

① 使い捨てカイロ
温度がほどほどで、あたたかさも持続するので、
一番手軽に利用できるのではないでしょうか。
ただし、直接肌に長時間つけていると
「低温やけど」の原因になりますから、
ハンカチにくるむか、
下着の上からあてるようにします。

② 蒸しタオル
熱湯(やけどに注意)につけ
硬く絞ったタオルを、
首の付け根・肩の中央に当てます。
昔からよく使われていましたが、
最近では、電子レンジを使うことによって、
さらに手軽になりました。

電子レンジを使った方法は、
ビニール袋に水気を絞ったタオルを入れ、
1分程度加熱します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 4日 (月)

温めて肩こりを解消しよう !

急性期や痛みがひどい場合には注意が必要ですが、
一般的に慢性的な肩こりの解消法としては、
患部を温める方法が効果的です。

これは、こった部分を温めることによって、
血管が広くなり、血流が良くなるからです。

これからの季節、
クーラーが効きすぎたりする季節には、
カラダが冷えることによって、
筋肉が硬直し、血流が悪くなるので、
温めることは肩こりに効果があります。

明日ぐらいから、
具体的にその方法を紹介します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 3日 (日)

肩こりと食生活

肩こりに限らず、健康なカラダを維持するためには、
「バランスのとれた食生活」が基本です。

いつまでも、健康なカラダを維持し、
毎日、健やかに過ごせるよう、
日ごろから栄養バランスの取れた食事を
取り入れていくことは大切なことです。

「少量・多品目で、できるだけ手料理を!」
「外食の場合は、一品より多品目を!」


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 2日 (土)

こりと生活習慣

今まで、肩こりなどの解消法として、ストレッチやつぼ押しを紹介してきましたが、
やっぱり一番は、生活習慣の見直しだと思います。

病気が原因でない肩こりの場合、生活習慣や生活環境の中に肩こりを引き起こす大きな要因が潜んでいる可能性が多いのです。

日ごろから、適度に体全体の筋肉を使う習慣を持ったり、正しい姿勢を意識することが大事だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 1日 (金)

足つぼ (その2)

S2009_05_01

よく悩まされる
頭痛、首こり、肩こり、目の疲れ
それぞれの足の反射区を紹介します。

自分でも押すことができると思うので、
風呂あがりにでも、手の親指で、
ゆっくり何回か押すといいですよ。

根気よく、続けましょう !

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »