トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

足つぼ

足つぼは、一人でも簡単に押すことができるので、
健康維持・自然治癒力向上のためにも、

肩こり・頭痛・首痛、
目の疲れ解消

の足つぼ中心に、
足裏全体をもみほぐすような感じで
毎日少しづづ行うよう、
日課としてとり入れてみてはいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月29日 (水)

つぼの位置 (その4)

S2009_04_28

③ 肩井 (けんせい)

肩のほぼ中央のところで、肩先の中心点と首の付け根の真ん中を結んだところ。
肩や背中のこり、頭痛などに効果があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月28日 (火)

つぼの位置 (その3)

S2009_04_28

② 天柱 (てんちゅう)

頭の後ろの髪の生え際にある太い2本の筋(僧帽筋)外側です。
肩や首のこり、頭痛などに効果があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月27日 (月)

つぼの位置 (その2)

S2009_04_27_4

① 風池 (ふうち)

頭の後ろの髪の生え際のくぼみのところです。
ぼんのくぼの両側。
頭痛や首のこりに効果があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月26日 (日)

つぼの位置 (その1)

S2009_04_26_2 今日は、家事や仕事の合間に、簡単に押せるつぼの位置を紹介します。

明日からは、具体的にそれぞれのつぼの説明をしていこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月25日 (土)

つぼ押し (その4)

S2009_04_25今日は、効果的な つぼ押し の方法を紹介します。

① 呼吸を意識して吸う。
② リラックスし、ゆっくりと呼吸をしながら 

つぼを押すとき = 「息をはきながら」

力を抜くとき = 「息を吸う」 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月24日 (金)

つぼ押し (その3)

Photo今日は、簡単につぼの押し方を説明します。

押し方ですが、主に親指を使ます。

1-親指のはらの部分(指の先端から第一関節にかけて)を押しあてます

2-押す強さは、「やや強め(ほどよい刺激を感じる程度)」

3-押す時間と間隔は、「ひと押し 3~5秒」で、ゆっくり離し、数分間断続的に行う

※ 左右対称にあるつぼは、左右セットで均等に押します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月23日 (木)

つぼ押し (その2)

今日も、つぼ押しについてです。

つぼ押しと言っても、ただ押すだけのことを言うわけではありません。

「押す」
 手の指のはらを使う、一番基本的な方法。 
「もむ」 手のひら、指全体を使い、もみほぐす方法です。 
「たたく」 こぶし、手のひらを使い、軽く「トントン」たたく方法です。

※痛みがひどいときには、「さする」だけでも十分です。

※力任せでやりすぎたり、長時間同じ場所ばかりやり過ぎると、炎症を起こしたり、筋肉を傷つけてしまうこともあるので注意が必要。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)

つぼ押し

お仕事とかで肩こりがつらい人の中には、、家庭で気軽にでき、肩こり解消に効果のあるつぼ(ツボ)押しを日常的におこなっている方も多いはず。

しかし、むやみやたらにつぼ押したとしても、効果が上がらないばかりか、かえって症状を悪化させてしまうこともあるので、つぼ押しには十分な注意とコツが必要です。 

東洋医学では、人間のカラダに流れる気の道筋のことを 「経絡(けいらく)」とよび、この流れに滞りがおこると、カラダに痛みなどの不調が出ると考えられていて、つぼ(ツボ)とは、この経絡上に点在しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

肩こり体操 (その4)

S2009_04_21今日も、肩こり体操です。

腕を横に伸ばし、円を描くように、前から後ろへ、後ろから前へ回します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月20日 (月)

肩こり体操 (その3)

Photo今日も引き続き、肩こり体操です。

まず、背筋を伸ばし、円を描くよう、ゆっくりと、肩を前後に回しましょう。



Photo_2

次に、背筋を伸ばし、肩の力を抜いて腕を下げます
そして、両腕を肩の高さまで上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

肩こり体操 (その2)

S2009_04_19_2今日も昨日に続き、肩こり体操です。

まず、お腹の前で両手を交差させます。



S2009_04_19_3 交差させた腕をゆっくりと開き、胸を張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月18日 (土)

肩こり体操 (その1)

今日は、簡単な肩こり体操を紹介します。

器具を使わない肩こり体操は、オフィスでのちょっとした空き時間などでも気軽に実践できます。

ただし、無理とやりすぎは禁物!
自分のペースでにあったペースで少しずつ始めてゆき、毎日に習慣にしましょう。

S2009_04_18_2① 背筋を伸ばし、肩の力を抜きます。

② 肩をゆっくりと上下させましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月17日 (金)

タイヤ交換

S2009_04_17
今日、車のタイヤを、冬タイヤ → 夏タイヤ に交換しました。

やっと車も、春仕様になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月16日 (木)

ヨガのポーズ (その2)

Photo今日は、猫のポーズを紹介します。

まず、つま先を立て正面を向き、ゆっくり息を吸います。



Photo_2
次に、息を吐きながら両手を前に滑らせてゆき、息を吐ききって静止。
息を吸いながらStep-1の姿勢に戻ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

ヨガのポーズ (その1)

今日は、ヨガの鋤(スキ)のポーズを紹介します。
思ってる以上に首に負担がかかるポーズですので、決して無理はしないでください。

S2009_04_15_1_2

足をそろえて仰向けに。
両手をカラダの横に置き、手のひらは床につけます。




S2009_04_15_2 息を吸いながら脚を床と垂直になるよう持ち上げます。






S2009_04_15_3_2息を吐きながらつま先を床につけてゆきます。

呼吸を整え、息を吐きながらStep-1へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月14日 (火)

ヨガのポーズ

S2009_04_14肩こりの解消の方法のひとつとして、ヨガがあります。

ヨガをおこなう時には、以下の4点に気をつけましょう !

① ゆっくり、じっくり動き、カラダの動きに合わせて腹式呼吸をする。
② 次のポーズに進むときは、元の姿勢にもどり、一呼吸おいてから行います。
③ 無理なポーズは厳禁!身体がもっとも心地よいと感じる範囲でおこないます。
④ ポーズを行うときは精神を集中し、カラダのどの部分が伸びているか?カラダがどのように反応しているか?観察しながら行います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月13日 (月)

葉さくら

S2009_04_13ほとんどの桜が、葉さくらになってきましたね。

満開の桜もきれいですが、葉さくらもおもむきがありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

さくら (その2)

S2009_04_12今日も花見にはいい天気になりました。
(ちょっと風がきついかな ?)

来週末には、もう葉桜になってしまうかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)

さくら

S2009_04_11今週末は、桜の見ごろですね。

一年の中で、今が一番いい季節かもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

肩のストレッチ (その2)

S2009_04_10_1今日は、肩のストレッチ (その2) です。

まず、上体をかがめながら、前に両腕を水平に伸ばしてゆきます。



S2009_04_10_2 そして、両腕を下ろして上体を戻します。





S2009_04_10_3次に、上体をかがめながら両腕を後ろに反らせます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木)

肩のストレッチ

S2009_04_09_1_2 今日は、肩のストレッチを紹介します。

まずは、伸ばした腕を反対の腕で胸の方に引きつけます。
反対側も同じ要領で行います。

S2009_04_09_21
次に、片手で反対側のひじをつかみます。




S2009_04_09_22そのまま、つかんだ手で腕を頭に引きつけます。
反対側も同じ要領で行います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 8日 (水)

肩こり について (その6)

では、実際に肩こり対策のストレッチをおこなってみましょう!!

勢いをつけず、ゆっくりとおこない、筋肉の動きを意識しながら行うと効果的です。

S2009_04_08_1_4 





S2009_04_08_2_3







首を左右交互にゆっくりと倒してゆきます。


S2009_04_08_3





首をゆっくり前後屈させます。

S2009_04_08_4





首をゆっくり回しましょう。 反対にも回します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 7日 (火)

肩こり について (その5)

S2009_04_07肩こりのつづき。

肩こりといっしょに起こるものに片頭痛があります。

頭の片側からこめかみにかけ、ズキンズキンと「脈打つ」ような痛みが特徴です。
寝不足やストレスなども原因として考えられ、3食キチンと食べることに気をつけたり、寝不足・寝すぎを避けることも大事です。

意外だと思われますが、血管を収縮する作用があるコーヒーや緑茶を試してみるのも良いと言われています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

肩こり について (その4)

S2009_04_06肩こりのつづき。

肩こりには頭痛がともなうことがよくあります。
肩こり頭痛とも呼ばれるほど、肩や首の筋肉の緊張によっておこる頭痛で、頭痛の中でももっともおこりやすい頭痛のタイプ。

・ ギリギリとしめつけられるような痛みをうったえることが多いが、ジワーッとした痛み、ドーンとした痛み、重い痛みを感じるなど、痛みの程度は、激痛から軽度のものまで様々。

・ いつとはなしに始まり、ダラダラと続く。(持続時間が長い)

・ 肩こりや首の筋のこりを伴うことが多い。

・ 後頭部から首筋にかけて頭の両側に起こりやすい。

・ フワフワとしためまい・身体のだるさを伴うこともある。

頭痛もつらいですよねぇー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

肩こり について (その3)

S2009_04_05_5昨日に続き、またまた肩こりについて。

肩こりには、いろいろな筋肉が影響していますが、最も深く関わる筋肉と言われているのが 僧帽筋 です。

僧帽筋がになう役割は、重い頭の角度を保つと共に、上体を起こしている間、左右合わせて10Kgにもなる腕を支えるなど、日常生活でも酷使されるため、疲労がたまりやすいのです。

特に、なで肩で筋力の弱い女性にとっては、とても疲労がたまりやすい筋肉といえます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

肩こり について (その2)

S2009_04_04昨日の続き。

肩こりで悩んでいる人の多くに見られる傾向を少しあげて見ます。

① 机と椅子のアンバランス…お仕事で 
② 足を組んだり、前かがみでのデスクワーク …お仕事で 
③ 枕が合わない(高すぎたり柔らかすぎる)…お仕事で
④ 首が下がり、下をむいたような姿勢…普段いつでも   
⑤ 寝転がってTVを見る…お家で 
⑥ 眼鏡・コンタクトレンズがあわない…普段いつでも
⑦ 長時間パソコンのディスプレーを凝視している…お仕事で
⑧ パソコンのディスプレーが不適切…お仕事で
⑨ 室内が乾燥している…いつもいる環境が

これらの中で、思いあたることがあったら、少しでも改善できると肩こりの症状も変わるかもしれませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 3日 (金)

肩こり について (その1)

Katakori1 昨日と今日、ちょっと’肩こり’について勉強してみました。

肩こりの原因といっても、一般的な肩こりの原因である筋肉の疲労によるものから、病気が原因でひき起こされる肩こりまでいろいろあります。

肩こりの原因の中で、一番多くみられるのは「筋肉の疲労」によるものです。デスクワークで長時間での同じ姿勢だったり、机と椅子のアンバランスだったり、長時間の車の運転だったり、全身を使わず、同じ筋肉のみ使いつづける結果、筋肉が疲労をおこし、肩こりの原因として多くあらわれるのです。

多くの人が、肩こり、つらいですよねぇー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

ブログ、引っ越してきました。

3 はじめまして。

くつろぎブログの管理人です。

今日、BIGLOBEからココログに引っ越してきました。

これから、よろしくお願いしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2009年5月 »